SponsoredLink

ブラックレーベルでさりげなくバーバリー

バーバリーブラックレーベルを着てる人、ちょっとやるなぁと思ってしまいます。一見するとバーバリーとは判らない、でもちゃんとバーバリーであるところが、バーバリーブラックレーベルの魅力だと思います。


一目でブランドものだと判らないと嫌だ、という人もいるかもしれませんが、さりげなくバーバリーだったりするのって、逆にオシャレに見えませんか?全くブランドと判らないわけじゃなくて、さりげなくブランドしている感じ。バーバリーブラックレーベルはそんな感じがしますよね。


もちろん中にはバーバリーとはっきり書かれてる服もありますけど、決して嫌味じゃない。カジュアルも充実していて、全体的にビジネス色が強すぎもしない。20代後半の男性がターゲットのバーバリーブラックレーベル。年代に合わせたブランドとしてのバランスが非常に取れている気がします。


実際、彼氏とかがさりげなくバーバリーブラックレーベル着てたら、嬉しいでしょうね。でも、それだけのオシャレさんだったら、自分もかなり気を使わなくては…。ある意味、バーバリーブラックレーベルに負けないようにオシャレするのは大変かもしれません。


とはいえ、さりげなくバーバリーとはいったものの、ブラックレーベルもやはりバーバリー。お値段までもさりげなく…とはいかないようで。(笑)若い男性には、ちょっとそこが難点かもしれませんね。

バーバリーブラックレーベルでカジュアルに

バーバリーというとイメージ的には、スーツとかコートとか…ビジネス向けというか、きっちりした印象が強い。でも、バーバリーブラックレーベルにはちゃんとカジュアルも揃っている。特にバーバリーブラックレーベルのジーンズはちょっとこだわりが見え隠れしてかっこいい!


ちょうど腰辺りで履くような感じで股上の多少浅めのバーバリーブラックレーベルのジーンズ。普通、ジーンズといえば同色系の糸で縫製してあるけれど、バーバリーブラックレーベルのジーンズは赤っぽい色でステッチしてある。これがアクセントとしてとても効いている。


そしてバーバリーブラックレーベルといえば、さりげなさ。ジーンズもそれは同じで、右ポケットにさりげなくバーバリーブラックレーベルのマークが入っている。よく見るとバーバリーブラックレーベル…という感じが、またたまらなくいい!


もちろんカジュアル系のアイテムとしては、バーバリーブラックレーベルには他にも色々ある。迷彩柄の服だったり、ベルト、なんとスニーカーまで。カジュアルなトータルコーディネートが、バーバリーブラックレーベルひとつで可能。んー、凄すぎる。


今までのバーバリーらしい上品さやモダンさは持ち合わせているものの、新しいバーバリーと言えるブラックレーベル。カジュアルスタイルのアイテムにひとつ、ブラックレーベルを取り入れてみては?

いつかはバーバリーブラックレーベルのスーツ

バーバリーブラックレーベルのアイテムはたくさんありますね。比較的手が届きやすい財布やキーケースなどの小物からカジュアルな洋服まで。でもやっぱり、バーバリーですから、最後はスーツに辿り着きたい!ブラックレーベルのスーツ、かなりカッコイイですしね。


バーバリーブラックレーベルのスーツ、色は黒・グレーが主。さりげなくストライプになている柄もあります。シングルで二つボタンの全体的に細身のシャープなシルエット。バーバリー同様イギリステイストが生きていて、上品でモダンな感じです。


シンプルにカッコイイを追求したかのようなバーバリーブラックレーベルのスーツ。見れば見るほどカッコイイのですが、さらに悪いことに(?)他もブラックレーベルで統一したくなってしまいます。シャツやネクタイやベルト、欲を言えばバッグや靴も。


バーバリーブラックレーベルで統一したスーツ姿…オシャレじゃないわけがない!


とはいえ、ブラックレーベルはバーバリーであることに変わりはない。もちろん、お値段だって、きちんとバーバリーなわけで(笑)。そう易々と全身バーバリーブラックレーベルで統一できるわけもなく、スーツに始まった憧れは膨らむばかり。


とりあえずはブラックレーベルの粋な小物たちで我慢。そしていつかは、バーバリーブラックレーベルのスーツを!…と、思いつつ、今日もお仕事に奮闘するのでした。